光回線サービスの種類

光回線

速度や安定性

バックボーンはフレッツ光ネクストがBフレッツよりも多いです
ADSL < Bフレッツと光プレミアム < フレッツ光ネクスト

Bフレッツ

BフレッツはNTT東日本の光回線を使った高速ブロードバンドサービス

光プレミアム

光プレミアムはNTT西日本の光回線を使った高速ブロードバンドサービス

光withフレッツ(プロバイダとNTT回線料金がセットになったサービス)

NTT西日本やNTT東日本の光回線を使ったプロバイダのお得なサービス、支払いもプロバイダが一括して請求してくれるので楽です。若干の割引もあります。

フレッツ光ネクスト

次世代ネットワークでNTT東日本と西日本共通のサービス名。フレッツ光ネクストは、今までのフレッツ・光プレミアム、Bフレッツの特徴に加えて、次世代ネットワークならではの利便性や安定性、信頼性を兼ね備えたフレッツ光の新しいインターネットサービスです。地上デジタル放送をはじめとした映像配信サービスのようなリアルタイム性が求められるサービスにおいても、安定した通信品質が得られます。
フレッツ光プレミアムは、テレビ電話機能、セキュリティ機能を基本機能として利用することができます。
フレッツ光はアクセス区間に光ファイバを利用していますが、Bフレッツが100Mbpsをシェアしているのに対し、フレッツ 光ネクストおよびフレッツ・光プレミアムでは最大1Gbpsをシェアする方式で提供されています。バックボーンが1Gbpsなので混みにくくより快適にインターネットができるってことです

フレッツADSL

フレッツADSLは、自宅で利用している電話回線をそのまま利用して高速なインターネット接続を実現するサービスです。月々定額で利用できるうえ、IP電話や充実のアプリケーションサービスが利用できます。


トップページに戻る